Project Overview

ピノキオピー


2009年より動画共有サイトにボーカロイドを用いた楽曲の発表をし、ピノキオピーとして活動開始。

以降も精力的に楽曲を発表しつつ、ここ数年はライヴ活動に尽力している。

作風は、フロアを意識したテクノ・ミュージックやお祭りどんちゃん盆踊り型ダンスミュージックから、ノスタルジックなフォークなど幅広いサウンドをエレクトロ・パンク精神で発信するサウンドクリエイター。

ライヴにおいては、マイクを握り、サンプラーを叩き、スクタッチをしては、お客様へ笑って歌って踊って楽しめるパフォーマンスを提供している。